綺麗に掃除ができる洗剤の秘密|換気扇もピカピカにできる

婦人

難しい場所も簡単

キッチン

換気扇の掃除は手間がかかるものですが、汚れ落ちの良い洗剤を利用することで時間短縮が可能になります。もちろんつけ置きをしておくことで更に時間が短くなりますので、積極的に洗剤を活用して素早く掃除を終わらせましょう。

もっと読む

色々な掃除に使える

掃除する男性

あっちこっちふきんは、極細の繊維から出来ているふきんなので洗剤が必要なく一度拭くだけで汚れが取れるという機能性の高い掃除グッズです。使う際はデリケートな素材に気をつけて、水拭きする時は必ず固く絞ることが大事です。

もっと読む

時間を節約したい方へ

2人の女性

しっかりと落とせます

大掃除で最もうんざりさせられるのが換気扇の掃除です。換気扇につく汚れはネバネバとした油汚れだけではなくホコリなどと混ざって石のように固くなってしまった油汚れなどもこびりついています。これらの油汚れはスポンジやたわしで磨いただけではほとんどとることができないので毎年頭を悩ませてしまう掃除場所となります。しかしこの面倒な換気扇掃除も家庭にある洗剤を工夫して使用することで驚くほど簡単に済ませることができるようになります。以下で紹介する方法を活用すれば換気扇のプロペラ部分の油汚れをきっちり落とすことができるのはもちろんのことレンジフードなどに固着した石のような頑固な油汚れもしっかりと落とすことができます。

お湯と合わせましょう

換気扇の油汚れの対処にはお湯で熱した洗剤が効果的です。まずは掃除をするレンジフードと換気扇のプロペラを取り外します。レンジフードとプロペラはそれぞれ作業しやすいようにお風呂の浴槽とバケツに分けて作業を行うようにしましょう。またレンジフードをお風呂の浴槽に入れる際には傷をつけないようにあらかじめ浴槽の底にキッチンペーパーやバスタオルなどを沈めておくことも大切です。レンジフードとプロペラ部分を取り外したらまずは70℃程度の熱湯につけます。油の融点は40℃から60℃となっているので70℃もあれば十分に柔らかくなります。レンジフードやプロペラ部分がひたひた程度にお湯につかったら、そこに家庭用洗剤をたっぷりと入れます。そのあとはしっかりとかき混ぜて泡立たせながらつけ置きをしておきましょう。しばらくつけ置きしておくと換気扇に付着していた油がお湯の温度によって溶け出してくるので後はスポンジやたわしでこすれば頑固な固着汚れなどもすっきりと落とすことができるようになります。お湯で熱した洗剤は界面活性力がさらにパワーアップするので水で洗うよりもしっかりと油汚れを取り除くことができるのでおすすめです。

洗剤いらずで手間いらず

主婦

テイジンのあっちこっちふきんは、超極細繊維ミクロスターを用いた高機能なクリーニングクロスで、洗剤なしに油や微細な汚れも綺麗に落とせます。また、優れた吸収性と速乾性で拭きムラが出にくく、更に毛羽立ちが少なく、糸くずがでない特徴から、多くの生活用品に安心して使用できます。

もっと読む